news

新型コロナウイルス感染防止の取り組みについて

2021.07.11

asaumi music schoolでは以下のことを徹底してレッスンを行い、感染防止に努めております。

 

  • 各レッスンの間隔を空け、その都度換気を行なっております。
  • 常に空気清浄機と換気扇を稼動させております。
  • インストラクターの健康管理を徹底しております。
  • 入室時に手指アルコール消毒を行っております。
    (アルコール消毒のできない方は手洗いをお願いしております。)
  • ドアノブは全て抗菌処理を行なっております。
新型コロナウイルス感染防止の取り組みについて

一富士二鷹三茄子

2022.01.12 /

明けましておめでとうございます。

年が明けてはじめての asaumi music school でのレッスンでした!

今年も沢山いいことがみなさんにありますように…。

風邪などに気をつけて過ごしましょう。

 

yoroshiku2022

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

ザギンで…

2021.12.15 /

何度かお世なっている銀座のお店でライブをしました。

浅海先生をはじめ、気の知れているメンバーということもあり、好き勝手自由に楽しく弾きました。(心を込めて)

歌ものを中心にChristmasソングあり歌謡曲ありJazzありFunkあり演歌モーダルあり?というフリースタイルのような気持ちでやりました。

インストも少しだけやってとても気持ち良かったです。

ご一緒してくださる方々に感謝をしつつ、今月まだいくつかの演奏機会があるので、お酒の飲み過ぎと体調管理に気をつけたいと思います。

そしてあっという間に年が明けます。

みなさん、今年はどんな年でしたか?

来年はどんな年にしたいですか?

 

sayonara2021

 

写真は、浅海くんとのものと、自分が滅多にやらないグリッサンドのシーンです。

 

 

 

JACK PURCELL

2021.11.24 /

キャンバススニーカーと言えば、ジャックパーセル!

シンプルで好きですねー。

足元で散歩もより楽しくなります。

 

今日のレッスンに行ったら浅海くんと色違いだったので二人、玄関先で撮りました!

 

 

 

ジェラートの秋

2021.10.27 /

季節の移り変わりは早いですね。秋も一段と深まり、朝晩はひときわ冷え込むようになりました。日本酒とともに鍋やおでんをつんつんとつつきたいです。この時期だと個人的には冷酒かなあ。

今月、とあるリハーサル合わせで自由が丘に行く機会がありまして、TV番組で見たジェラート屋のことをふと思い出しリハ終わりに寄ってみました。当スクールの浅海くんも一緒だったので、半ば強引に(?)つきあってもらい。笑

はじめてなので、やはりここはミルクだろうかいや抹茶も食べてみたいあのフレーバーは珍しいぞあーだこーだということで、最初の直感のミルクとピスタチオにしました。無添加で手作りのものってやっぱり美味しいですね。その場で焼くワッフルコーンも美味しくいただきました。

ジェラートが特段好きというわけではないですが、食べてみると美味いんですよねー。フレーバーの豊富さ、季節限定の野菜や果物などつかうところ、その辺りが魅力ですね。あーだこーだ迷いたくなるけれど、必ずいつも直感で選びます。

 

これからより一層冷え込む季節に向かいますが、栄養をしっかり摂って睡眠とって、風邪等に気をつけましょう。

 

写真は自由が丘と、たまに行く阿佐ヶ谷のジェラート屋さんです。

映えてますか…?

 

夏の終わり

2021.09.22 /

この時期になるとある日突然に、金木犀のかほりが漂よいはじめる日がありますね。夏の終わりと聞くとあの曲やこの曲を思い浮かべて、けっこうな人が口ずさんでいるのかなーなんて思う今日この頃です。

 

オリンピック観戦を堪能したと過去に書きましたが、パラリンピック観戦もとても楽しめました。

多種多様な競技とルールがあることが魅力の1つなのかなと感じますが、特に車いす競技でのチェアワークには目を見張るものがありました!団体競技に関しては、ポイント制度もよく考えられたもので面白いなーと見ていました。

 

そして大谷くんはどこまでいくのか、照ノ富士は今場所も勝ちきれるのか、注目のシーンが多くてわくわくです。

スポーツの話はこのあたりで。。。

 

僕にとっての夏の終わりソングは、ノルウェーの作曲家のEdvard Grieg(エドヴァルド・グリーグ)のピアノ作品集『抒情小曲集』の中の’Sommeraften’(夏の夕べ)です。

 

曲の構成としては、テーマの後に少しふわっときらっと展開して再び装飾されたテーマが戻ってくる、というものが2コーラス分ある、というとてもシンプルで短い曲です。各コーラス最後の部分のメロディに♯9の音が出てくるのですが、そこがなんともお気に入りです。

♯9といえばジャズやポップスのコードワークでおなじみですが、僕の中ではまずこの曲です。

 

もし気になった方はぜひ聴いてみてください。

夏の終わりの余韻に浸って、心も落ち着くのではないかなーなんて、思いますよ…!